愛とは…(チネイザン孝)

CATEGORYコラムチネイザン

こんにちは
土屋しずかです。

2018年もあと少しで終わっていきますね。
この一年、お世話になった方々、
ご縁をいただいた方々の顔が浮かびます。

大切に思う人たちと時間を共にできたこと
美しい場所に行けたこと
いろんな想いを交換しあえたこと

命の通い合いから
力をたくさんいただきました。

ありがとうございます。

今日は大掃除をしながら、
そしてQueenの未公開ドキュメンタリーの
映像をyoutubeで聴きながら

愛について考えていました。

中学生の頃からのファンとして
いろんな動画を見漁りましたが
これ何度も観てしまいます。

映画では見られなかった
Freddieの繊細さとチャーミングさ
その才能が余すところなく観られます。

(The Freddie Mercury Documentary – 1995 – (Unreleased Doro Doc.)

動画の中の
フレディへのインタビューのくだりで
彼はこんなことを言っていました。

”僕にとって
自分が幸せであることが一番大切。
僕が幸せだとそれが作品に反映されるでしょ。
それでお金をいっぱい稼ぐんだ”

(正直。そして実際に彼は音楽で
たくさんの人に幸せや高揚感を与えた)

”僕は世界を変えたいとか…平和とか…
社会的なことを話したいとは思わないんだ。
それらが僕を動かすものではないから”

(これも正直。そして別のところで
自分はmusic prostituteだと言ってる。
オールドスタイルのラブソングを書いて
自分の感情を表現したいとも)

”他人からこうしろって言われることは
僕にはできないんだ。
まずは自分で感じて、
それが僕にしっくりくるかをみてみる

失敗したときに相手を攻めたくないしね”

”僕には、傲慢さやエゴはあるよ、
だって自分がしていること信じているから”

”僕は僕、自分がどう感じるかが大切。
他人がどう思おうと気にしないさ”

”多くの人が僕に実際に会うと驚くんだ。
みんなステージ上の僕を想像しているから。
でも僕だって人間なんだよ。
傷つきやすいところもあるんだ”

  ………こんなくだりが続きます。

英語なんですがぜひ見て欲しいです。
言葉わからなくてもエネルギーでわかります。

それで、、
私がここで愛について書いているのは、
年末の大掃除をしながら、
フレディがそれを見せてくれたから。

愛とは、
この命、今ここで息づく大切なこの命を
精一杯生きることではないでしょうか。
フレディが生きたように。
授かった命をフルに生かしていくこと
魂の輝きを生きること。

「愛しています」って言う時
命がぶぁーって巡ってるでしょ。
その状態。その状態が愛。

そして、その命の状態は円環し、
つながりあい、重なりあう。
愛は愛につながる。

そしてここからは
チネイザンに繋がるのですが

初めてお会いする方や
長く通ってくださるクライアントさんが
セッションを通して、
自分の中の何か大切な部分、命の脈動、
魂の声に触れる瞬間に立ち会える時は、

フレディが自分の歓びを生きたこを
見せてくれたのと同じ感覚なのです。

自分の歓びを生ききることが愛。

そんなことを感じながら、
そしてフレディの動画見て泣きながら、
セッションルームとキッチンが
ピカピカになりました♡

来年もチネイザンを更に深めながら、
ご縁のある方、多くの方と
命の通い愛をしていきたいと願っています。

自分の歓びを生きる。
そのことにたくさん時間を使っていきます。

そして春からチネイザンの講座も始めます。

皆さまも
どうぞよき新年をお迎えください。
そして来年もよろしくお願いいたします。

宮古伊良部島soraniwaからのサンセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください