チネイザンスクール2期のお知らせ

CATEGORYコラムチネイザン

こんばんは。
土屋しずかです。

明日は夏至を迎えますね。
日本では大々的に夏至をお祝いしないのは、歴史的に農作業がちょうど忙しい時期に当たっていたから、、と何かで読んだことがあります。

1日の日照時間が一番長い日に 、たとえ大きなお祝い事はしなくても、当たり前のように照らしてくれる太陽への感謝と祝福を、意識的にしてみるのもいいですね。

そしてこの節目を使って、これまでの振り返りをしてみてはどうでしょうか。

この夏至の半年前が2018年の冬至でした。皆さんはその時、何を心に描いていたでしょうか。。

どんな種を蒔いていたのでしょうか。季節が巡り、春がきて、夏になり、その種はどんなふうに育っているでしょうか。

中医学を勉強させてもらっている鍼灸師の先生が、こんなことをおっしゃっていました。

”陰を充実させるためには、陽をしっかりと使わなければいけない。そうでないとー陽きわまりて陰になるーその働きがフルに発揮されない”と。

どういうことかと言うと、私たちの本当にやりたいこと、情熱の湧くことを、心踊るエネルギーとともに、人生の中でクリエイトしていく(陽)ことで、それが経験となり、内なる力(陰)となっていく、ということ。

これまでは、陰がクリエーションの源でそこから全てが始まる、その基盤の陰を滋養することに重点を置いていたけれど、確かに、動かないと物事も動かない。。。つまり両方を滋養することが大切で、それでサイクルが生まれる。

サイクル…ということで、五行のサイクルでもう少しお話しすると…

センサーとして働く(金)が、自分の環境の中で何をしたいのか感知して、そのやりたいこと・志をやり抜く意志で(水)、行動を起こし(木)、自分の命、情熱を燃やしていく(火)。その達成感を今度は内側に向け、自分の経験値としながら(土)、しっかりと収穫し(金)次のサイクルへと成長を進めていく。

行動していく際に、むやみにやるのではなく、本当にやりたいことを、喜びの中でクリエイトしていくことが、自分のエネルギーをあげ、周りへのインスピレーションにもなりますよね。

だから、やりましょう。
動きましょう。

やってみたいと思うことがあったら、それを置き去りにしないで、やっていきましょう。

何事もやってみないとわからないのです。そして経験してみると、意外な答えや新たなチャレンジがやってきたりします。そうやって、動き、創造し、関わる人たちと一緒に体験を分かち合いましょう。

次の冬至には実りとともに(それがどんなものでも)在れるように。サイクルの中で、少しつづ成長しながら。楽しみじゃないですか?

夏本番はこれからです。命をしっかりと燃やしてあげましょう‼︎

そして、ここからはチネイザンスクールの2期の宣伝になります。2期は9月中旬から始まります。

私はスクールの中で、私自身が体験してきたものの中から、心に響いたこと、変化を起こしてくれたことをシェアしています。技術だけでなく、なぜ、チネイザンを提供しているのか、タオって何か?手渡してもらったツールを使って、私たちの可能性はどこまで広がれるのか。ということなどを。

気づき、癒し癒され、変化しながら、自分も他の人も、どこへいけるのか。どこへいかなくてもいいし、とことん行ってもいい。一人一人、自分の人生をどう生きたいか。限りあるこの命をどう燃焼させたいか。

夏至は1つの大きな節目、自然界も私たちもエネルギーがグーンと大きく拡張する時。ここから先に向けて、この夏以降の過ごし方に、今一度エネルギーを向けて動いていきませんか。

チネイザンに興味がある、習ってみたい、なんとなく躊躇している方は、どうぞ飛び込んできてください。人生の大切な時間を迷いなく過ごしましょう。それには、決めることです。決めた瞬間から物事は動き出します。

スクールの情報はこちらでみてみてください。
https://chineitsang-school.com/

ご連絡お待ちしています。(ご連絡はチネイザンスクール、ウェブサイトの中からお願いいたします)

最後に私ごとです。
去年の冬至には宮古伊良部島にいました。そこで観音気功をもう一度再開したいという思いがふと湧いてきました。今年に入り、タオクラスで観音気功を始め、そして続けていますが、女性性のグループにも少しづつ広まり、チネイザンのスクールも観音様に後押し(サポート)されている感じがしています。なので、明日の夏至には、観音様にサポートされたことをセレブレーションしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください