内臓ウェルネスのクラス

CATEGORYコラムチネイザン

こんにちは。
土屋しずかです。

ゴールデンウィークに入り、あたりはひっそりとして、年末年始のような静けさに包まれています。皆の意識が新しい時代を迎える前の静粛さを作り出しているためでしょうか。

かたや行楽地や交通機関は、混雑して大変なことになっているところもありますね。

いずれにせよ、新しい時代へのポジティブなムードを感じます。

私個人としても、今年は新しいことへ開いていく年で、チネイザンスクールが連休明けの5月15日から始まります。募集もまだ受け付けていますので興味のある方はぜひこちらへ!

スクールウェブサイト→ https://chineitsang-school.com/

そして、今日のコラムはここからが本題です。

そのスクール開講に際して何度か説明・体験会を行いましたが、その中で繰り返し聞こえた声は、、、

”内臓に関して学びたいのだけれど、その入り口としての、ベーシックで、簡単で、わかりやすいクラスを開催して欲しい”…というものでした。

それを受けて、チネイザンをよりわかりやすくした実践的なクラス、「内臓ウェルネス・クラス」を開催いたします。午前はセルフケア、午後は相手に触れる講座になります。

**これはチネイザンの入門のようなクラスですので、チネイザンの全容を学ばれたい方はスクールにご参加ください。

<内臓ウェルネス・クラス>

本当に基本的なことなのですが、、人生において一番大切なことはなんでしょう? それはやっぱり健康ですね。そしてその健康や元気の源は、内臓にあるということも、私たちは分かっています。

“腸脳相関”という言葉もあるように、腸と脳は密接に関わっていて、脳で感じたストレスが腸に不調を引き起こし、また腸内環境の乱れが、不安感やぼんやりした思考や鬱までも引き起こすと言われていますが、実際私たちも日常の中でこれを体験しています。

内臓がちゃんと働いてくれていると、溌剌として笑顔が出ます。物事もスムーズに運び、思考も冴えて閃き易くなります。でも、お腹の調子が悪い時は、体も気分も重くなったり、落ち着かなかったり、不安になったりします。その逆も然りで不安になるとお腹の調子が乱れます。

自分のお腹のことを知り、内臓を労わるすべを知ることは、自分を知ることにもつながり、毎日を心地よく、気分良く過ごすための役に立ってくれるでしょう。

☯️日程

5月25日(土曜日)

☯️午前の部:10:00~13:00
<セルフケア>

●自分の内臓に、自分で触れてセルフケアする方法を学びます。
●呼吸と一緒に内臓を意識して、臓器の気血の巡りを整えます。

講座の内容

  • 五臓の解剖と機能・働き
  • 呼吸法
  • 内臓を緩めるタッチ
  • 腸活の基本

こんな方にオススメです

  • 内臓に不調を感じる(便秘・下痢・消化不良など)
  • 生理にまつわる不調を感じる(生理痛・PMSなど)
  • 冷えやすい・むくむ
  • 眠りが浅い、眠れない
  • 不安感がある

☯️午後の部:14:00~17:00
<相手に触れるヒーリングタッチ>

●周りの人・大切な人の腸に触れるヒーリングタッチを学びます。
●腸がリラックスする、緩むタッチで相手に寄り添います。

講座の内容

  • 五臓の解剖と肉体的・感情的・精神的な働き
  • 自分軸と相手への寄り添い
  • 大腸・小腸へのタッチ
  • 腸活の基本

こんな方にオススメです

  • 大切な人の体調不良に少しでも役立てたい
  • 家族の不調に寄り添いたい
  • (セラピストとして)腸に触れる技術を知りたい
  • (セラピストとして)自信を持って腹部に触れたい
  • クライアントの健康をしっかりサポートしたい

☯️参加費

午前:¥9,000(税込)
午後: ¥9,000(税込)
午前+午後の通し参加  ¥15,000(税込)

☯️持ち物

●お腹の出しやすい動きやすい服装
●筆記用具
●各自お飲物

☯️場所

恵比寿・目黒エリア
(申し込みをされた方にお知らせします)

☯️お申込・お問合せ

表題に「内臓ウェルネス・クラス」
本文に下記項目をご明記の上、
shizbelly@gmail.comまでご連絡ください。

●お名前(ふりがな)
●電話番号
●希望する講座(午前・午後・1日通し)

追ってお申し込みの詳細をお送りいたします。

知って実践することはパワーをくれます。
内側にいる自分に力を持たせてあげましょう。

ご参加お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください