春のセルフチネイザンコースのご感想

CATEGORYコラムセルフチネイザン

こんにちは。
土屋しずかです。

春分の日から始まったセルフチネイザン5回コース、今回はドタキャンあり・ドタ申し込みありで、最終的には同じ課題(パートナーシップ)を持たれた方が参加されて、その課題に対して、セルフチネイザンや自分の内側のエネルギーと繋がることで、何がもたらされるかを見ていった5weeksとなりました。

クラスは脱線しながらも、中心にある課題に戻りつつ、正直に自分に向き合い、共感し、日常に戻ってトライアルし、シェアし、、笑いの多い時間でした。

プライベートなことなので詳細は書けませんが、課題に対して、5週目にして大きな実り(ご褒美のような)を得た方もいて、繰り返し繰り返し内側の状態にチューニングしていくことの大切さを再確認したのでした。。

セルフチネイザンは自分の再教育

セルフチネイザンは自分の内側と繋がり、五臓の感覚を再教育していくもの。「私」より大きな存在・小宇宙である臓器の力や知恵に耳を傾けること。このコースはその最初の一歩です。以下、今回のご感想です。

セルフチネイザンのどこがよかったですか?
ご自身に気づきや変化はありましたか?

体の事を知る良い機会になりました!
自分の体なのに、意識を向けた事がなかったんですよね。。。
何故か、むやみに触ったらいけない気がしていました。

そんな謎がつまったお腹の中身を、
DVD(解剖学)を見ながら説明して頂いた事はとても学びになりました。

思えば自分のお腹なのに、
何がどのように詰まっているのか全く知らなかったんですよね。。。
最初に書いた五臓六腑のイラストも自分であとからウケてます(笑)
これ良かったです。

夫が大腸ガンになった時でさえ、
部位がよく分かってなかったですが
今は大腸の始まり部分、上行結腸と小腸のつなぎ目が
ビジュアルでも浮かぶし大体の位置も分かります。

位置を知っただけでなく、
臓器と心のつながり的なニュアンスもあるのだなと思うと、
不思議ですがなんだか納得できる自分もいます。

ただ座して教わるという
一方方向でない雰囲気があって居心地がよかったです。
(M・Aさん)

数年前にしずかさんからチネイザンを受け、
いつかチネイザンクラスを受けてみたいなと思っておりました。

今回5週に渡って受けてみて、
私からの脱線が多くて申し訳無かったのですが
しずかさんは穏やかに聞いてくれて、感謝です。

真面目すぎなご返答でなく、流石だな~~と素直に吸収出来ました。

セルフマッサージはこれから力強い一生の自分の味方になりました!

ざわざわした自分の身体に向き合うと
身体も心も自然にゆったりと落ち着いてきて、
素直になるきっかけを作ってくれそうです。

まだまだ日々の訓練が大切ですが、、、

後、ご機嫌力説得力のある一言。
そして、一番難しい子宮で話すこと。

これはまだまだですが、意識しながら訓練して参ります。

子宮を意識すると温かい感覚が宿り女、母としての柔らかさに
包まれる気がします。自信も少し感じるような。

カナ先生の食についての教えも、マクロビの法則の深さに驚き、
また食に真摯に向かい合って行こう!と反省致しました。

ご機嫌力を高めて家族や、周りに感謝して、
自分に自信を持てる毎日でありたいです。

沢山の教えをありがとうございました。
これを機に進化して意味のある結果をだしていきます!
(門道子さん)

そして、食と五行について講義をしてくれた
中澤香奈ちゃん、ありがとうございました。

いつもは
彼女が作ってくれる美味しいご飯を食する会に参加するのですが、
香奈ちゃんの食のお話は、
ご飯と同じくらい細やかさと興味深さがありました。

今回は少人数だったので、こんな感じ。
次回コースは夏に予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です