「水」からのギフト(究極のチネイザン)

CATEGORYコラムタントラ

中部・東海地方の水害や二次災害に見舞われた方へ
心よりお悔やみ申し上げます。

こんにちは。
しずかです。

まず、来週から始まるセルフチネイザン
5weeksの締め切り前のお声かけです。

7月13日(金曜)からの5回のコースでは、

  • 臓器を解剖学で理解し
  • 五臓を五行で捉えて自分を知り、
  • AFPのエクササイズも取り入れて意識と結びつけながら

自分の体や心との親密感を深めていきます。
体と意識の中に入っていきながら気づきを深める時間。
そしてそこから発動していく。

あまり難しく考えずに
チネイザンのタッチで内臓をデトックスし
夏に向かう元気な自分の準備のためにも
このコースは助けになるでしょう。

お申し込みはこちらから。
https://taooflife.jp/column/self-chi-nei-tsang-summer2018/


さて。
ここからは先日参加した倭のタントラのリトリート

「ファイブエレメンツをを味方にして
ライフミッションをフルパワーで生きる旅inマウイ」

この体験の一部を書き留めておく。
(私の超個人的な体感メモとして)

今回このリトリートへは、直前に
引力(陰力)に引き寄せられるように
参加を決めたんだけれど、

私がやり残していたことを、
突きつけられたような旅になった。

やり残していたこと…
水(腎;恐れ)との関係、
まだ見ぬその先へ水を通って進むこと。

そのプロセスとして
骨について。

骨を普段からそう意識して生活することはない。
多分、骨折したり痛めたりした時ぐらいだろう。

体の一番奥にあって無機質で固いもの。
そんな感じだろうか..

血液や皮膚と同じように毎日再生しているけれど
腸なんかよりずっとおとなしい..

骨には古い記憶が残ると言われている。
骨は腎の臓器、精や祖先からの記憶を宿しているところ。

チネイザンでも骨に触れることはあるけれど
深く、静かで、あまり動きの感じられないところ。
外側の硬さで内側を守る役目が強いからか…

その骨が、内側から、
ぶるぶる、がくがく
震えだした今回の体験。

私の中の”水”(腎/骨) にある恐れが、
プールの水によって引き出され(映し出され)
水の中で増幅し流れ出した体験。

歯がカチカチして止まらない。
ぶるぶる、ガクガク。。
似たような怖さを
水で感じたことはあったけれど

それより深いところからくる感覚。
(以前の水の記事はこちら
http://blog.taooflife.jp/?eid=575

骨の芯から、体の芯から寒さがやってくる。
ひとしきり震えながら、ある体験が思い出される。

子供の頃の恐怖体験 (殺されかけたこと)、
自覚さえもないようなずっと昔の怖れ、
死への恐怖。

それが骨全体の震えとなって現れ、
震えとともに号泣する。
そして冷気が骨から流れ出す。

それが起こったのも(起こしてくれたのも)
ずっと寄り添ってくれていたShinzoさんや
仲間のサポートやハグがあったから。

安心感の中で、
骨の中の記憶が震えと共に表に現れたから。

暫くして落ち着くと、、
安心した体は水に委ねて深くへ潜ろうとする。
さっきまでとは反対の水の中の安堵感。

骨も腎の臓器だから、
この体験は水の中での究極のチネイザン。
体と感情の関係のミラクル。

 


そういえば、夏至の日にこんな言葉を書き留めていた。

”生命の本質は、心を超えたところにある
深い静寂と海のような大きい愛”

水は命を宿すところ、腎は命を宿すところ。
そこにあるのは、深い静寂と信頼だった。
命の本質は深い静寂と大きな愛。

マウイはこれを垣間見せてくれた。

信頼して(安心し)、委ね、手放したところに
ギフトがやってくる。

これは水の中での体験に限らず、
リトリート全体を通していろんな事象の中に
小さなことの中にも起こっていたことだった。

そして今回受け取ったメッセージ。

こちらに向かってやってくる Life(人生)を
信頼し、自分を信頼し、委ね、開いて、手放し
受け取る。

マウイの大きな懐が、それを暖かく
(時に厳しく)
教えてくれた。


行けないと思っていたこの旅、
行ったことで得た、
たくさんの気づきとご褒美。

いっぱい自然に触れて、
命の栄養、たくさんもらった。

そして、参加者のみんなが
今の自分そのままのところから
輝くそのままの自分に開いていく姿は美しく

性別も年代も違うこの仲間が、
大きなファミリーのような存在に感じる。

倭のタントラの
Shinzoさん、Asamiさん、Keikoちゃん
オーガナイザーの坪田順子さん、
一緒に旅したみんな、
そしてマウイの自然に心から、ありがとう。


そして
「ファイブエレメンツをを味方にして
ライフミッションをフルパワーで生きる旅inマウイ」は
マウイから帰ってきた後も余波が続いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です