AFPと観音気功〜深い慈愛の場

CATEGORYコラムAFP

こんばんは。
土屋しずかです。

今日は、先日3月7日に行われたAFP (Art of Feminine Presence) と観音気功のコラボ瞑想会について書こうと思います。

まず、初めてご覧になった方のために、

AFP (Art of Feminine Presence)について一言で説明すると…

女性として持って生まれたエッセンスや感性が育まれ、喜びの源泉と繋がり、生命力や存在力が増し、可能性に向かって開かれていくワーク、そしてその個々人の存在感が世界を照らす光となっていく、”女性性開花のワーク”と言われています…一言でその深さを説明することはむずかしいので、さらに詳しくはこちらをご覧ください。

AFPジャパン公式サイト http://www.afpjapan.com/about.html

このワークを、AFPのマスターティーチャーであるアムリタ映蓮さんがシェアしてくださいました。

そして観音気功とは何か、、というと…

その名が表すように、観音菩薩のエネルギーが体現された気功で”無条件の愛の気功”とも呼ばれ、美しくシンプルで力強い11のフォームから構成されています。身体が整うだけでなく、ハートが開き、深い慈愛に満ちた観音様のエネルギーを(自身の中に)感じることができる気功です。

こちらも、もう少し詳しい説明と、創始者である李俊峰師のサイトを私の以前のタオクラスの紹介で載せていますのでご覧ください。

https://taooflife.jp/column/unconditional-love-chi-kung/

この気功を私がシェアしました。

この両者(両ワークが)同じ場でシェアされた時に起こったのは、揺らぎ。。。それは何か真実に触れた時の感動のようなものでした。

AFPでは子宮に意識をおくワークが中心となっています。これは私たちの思考でないところの感覚を取り戻してくれ、感性を育み、生命力や存在力を高めてくれます。また女性同士の共鳴力も増してくれます。

観音気功は、今この瞬間の中に深く入り、そこに不安はなく、その瞬間にある深みの美しさ、安心感と自分への信頼、許し、そこから開ける視界…そんな世界が体験できます。これはあくまでも私の体感ですが、体感を大切にする感性豊かなAFPのシスターたちも、何か同じように感じられたのではないでしょうか。

気功とはそもそも、気:生命力を鍛錬するもの。そしてその命をもたらす大元の力は何かというと、自然界や宇宙からの”無条件の愛”。大きな母性のような。観音気功はそことダイレクトに繋がっているから私たちの中にすっと入ってくるのでしょう。

そして先日の瞑想会で、観音気功とAFPが同じ場でおこなわれた時。。。私たちひとりひとりの中の何かが深く触れられた場となりました。それは自分の中にある何か変わらないもの..焦がれ..慈愛..あるいは自分の中の自然と繋がる瞬間…それぞれの大切なものだったのではないかと思います。

私にもまだよくわかりません、うまく言葉になりません。。

そして、こういう時間を日常に織り込むことで、日々辛いことや大変なことがあっても、この両者の与えてくれた安心安全の大きなスペース・土台が自分の中にあるという感覚は、その上にチャレンジが来たとしても、きっと優雅に、ハスの花が山をも動かすように(←観音気功の型の1つの名前)乗り越えていける力となるのだと感じます。

本当に幸せな時間でした。

以下、この日のことをアムリタ映蓮さんがFBで素敵に綴ってくださっているので、こちらで投稿をシェアさせていただきます。ありがとうございます💗

そしてこの瞑想会の全てを取り仕切ってくれて、美味しいランチを用意してくれた、まつもとふみこさん、(酵素玄米ランチは絶品でした)ゴージャスな場所を提供してくれたパリマール、遠方からも参加してくださった参加者の皆さんにも沢山の感謝を送ります💗

今回はコラボの効果について書きましたが、AFPも観音気功も単独でもそれぞれに素晴らしい効果がたくさんあるので、各地でおこなわれているAFPティーチャーの活動や、私のタオクラスにも是非参加してみてくださいね!

(AFP認定ティーチャーの活動は、上記リンクのAFPジャパン公式ページから、私のタオクラスに関しても上記リンクページからみられます)


世にも美しい観音気功に歓喜の涙する

この美しい女性的気功、観音気功を教えられる人は、日本にわずか数人しかいないという。

今日は、その観音気功を教えることのできる貴重な存在である、タオ・プラクティショナーでAFP認定ティーチャーでもある、土屋静さんにお越し頂き、それも《大船観音》のお膝元の西鎌倉にて、AFP瞑想会・交流会の中で体験させていただいた。

数年前に一度、静さんから動画で紹介して頂いて以来、「いつかやってみたい」と頭にあったけど、今日実際に、このパーフェクトな観音エネルギー溢れる場所で、節分、立春、新月の新しいエネルギーの豊かさの中で行なえたことは、もう、期が熟したのだ、としか思えない。

自然に流れるような、優しく美しいしなやかな動き。

鶴、月、星、水、たくさんの自然の要素を、喜びとともに感じながら

大きく緩やかに、伸びやかにスペースを使って広がることを許し、同時に丁寧に、繊細に感じていく動き。

昨日見たばかりの映画、「日日是好日」にも通じるものがあり、途中、何度も何度も涙が溢れた。

女性性のワーク、フェミニン・プレゼンスとの親和性も素晴らしく、私自身、AFPを続けてきていなかったら、ここまでの打ち震えるような感動はしていなかったかもしれない。

そして観音気功というものの素晴らしさももちろんだけれど、何よりも、静さんの、それはそれは美しい所作、言葉選び、長年の経験から醸し出される気品や奥深さという、成熟した魅力に、今日、初めて、もしくは久しぶりに静さんに会った人たちも、全員、魅了されてしまい、何人もが泣きながら過ごしていた。

なんて幸せなのだろうか、私たち。

許可をいただいたので、この後、静さんの美しい観音気功の動き、短い動画をシェアさせて頂きます。

そして、このAFP経験者向けの瞑想会の発起人である、Fumiko Matsumotoさん手作りの酵素玄米弁当の美味しいこと、美味しいこと。ふみちゃん、ごちそうさまでした。

この素敵なスペースのオーナー、パリマールことkotoko horieさん、今日の素晴らしい機会を可能にしてくれて、ありがとう💕

そして何よりも、この素晴らしい女性的な気功をシェアしてくださった静さん、本当に本当にありがとうございました。

長野から参加して下さった方を含め、遠路はるばるやって来てくれたAFPシスターたちのエネルギーも、今日の唯一無二の器の深さを一緒に創ってくれていました。ありがとうございました。

観音気功+AFPは、AFP経験者向けのイベントとして、これからも継続予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください